福岡大発チョコ、パリっ子つかめ ビフィズス菌入り砂糖なし

2017/2/14 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡県内でチョコレートを製造・販売するチョコレートショップ(福岡市、佐野隆社長)が、このほどビフィズス菌入りの砂糖不使用チョコレートを売り出した。企画したのは福岡大学の学生たち。1300人の女性にアンケート調査を重ねた苦労の末に生み出されたという。チョコは同社がパリに初めて設けた店舗でも発売され、学生たちの思いは海を渡った。

新製品のチョコは「KALON(カロン)」。古典ギリシャ語で美しさを表す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]