/

この記事は会員限定です

30年非課税の私道 課税へ 福岡市が一転 天神の商店街に

[有料会員限定]

九州最大の繁華街、福岡市・天神地区にある老舗商店街「新天町」内の通路に対し、市が約30年にわたる非課税扱いを見直し、今年から固定資産税など年3千万円以上を新たに課税する方針であることが、関係者への取材で分かった。長期の非課税扱いが取り消されるのは極めて異例。市は課税方針を事前通告したが、商店街側は強く反発しており、訴訟に発展する可能性もある。

問題になっているのは商店街内で買い物客らが行き来する私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン