2017年11月19日(日)

魚の臭い落とす「フィッシュソープ」 ITのウミーベが発売

2017/9/13 18:50
保存
共有
印刷
その他

 IT(情報技術)ベンチャーのウミーベ(福岡市、カズワタベ社長)は13日、魚の臭いやぬめりがすっきり落ちるハンドソープ「フィッシュソープ」の販売を始めた。釣り経験の少ない初心者や女性などに訴求し、月間1万個の販売を目指す。

魚の臭いを落とすことに焦点を当てたハンドソープは珍しい

魚の臭いを落とすことに焦点を当てたハンドソープは珍しい

 同社は自社店舗を持たず、アマゾンジャパンの通販サイトや全国の釣具店などを通じて販売する。80ミリリットル入りで920円(税抜き)。「魚の臭いにフォーカスしたハンドソープは前例がない」(同社長)という。

 魚の臭いやぬめりを落とす銅や茶葉エキスを使うほか、こんにゃく由来のスクラブを配合し、手のしわや爪の間の細かい隙間汚れもすっきり落とせるようにした。石油系の界面活性剤は使っておらず、環境負荷を軽減したのも特徴だ。

 ウミーベが運営する釣り専門のニュースサイト「ツリホウ(釣報)」は月間200万ページビュー(PV)に上り、釣りの初心者や女性も多いが、こうした利用者は臭いやぬめりなどを敬遠しがち。せっかく始めた釣りから離れる要素にもなりかねず、ハンドソープの販売でサイトの利用者増につなげる狙いもある。

 店舗を持たないIT企業が電子商取引(EC)などを活用し、自社商品を消費者に届ける「D2C」というビジネスモデルはこのところ広がりをみせている。昨年ユニリーバが買収したひげそりの米ダラー・シェーブ・クラブなどが支持を伸ばしている。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報