/

ゼンリンのロゴ無断使用疑い 福岡県警、岡山の男逮捕

インターネットのオークションサイトの出品情報に地図情報サービス大手「ゼンリン」のロゴを無断で使ったとして、福岡県警は13日、岡山県里庄町新庄グリーンクレスト、会社員、応本直希容疑者(36)を商標法違反の疑いで逮捕した。

福岡県警によると、応本容疑者は2014年12月から約半年間、地図ソフトや年賀状作成ソフトなど約1200件を出品。ファイル共有ソフトから各種ソフトをダウンロードするための方法を紹介する形で約3800件分販売し、計約220万円の収入を得ていたという。

逮捕容疑は昨年3月7日ごろ、オークションサイトの出品情報にゼンリンのロゴを掲載してソフトを販売し、商標権を侵害した疑い。容疑を認めており、「金を稼ぎたかった」などと供述をしているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン