「工藤会壊滅へ全力で対策」 福岡県警本部長が抱負

2016/8/13 2:07
保存
共有
印刷
その他

10日付で着任した福岡県警の樹下尚本部長(54)は12日、県警本部で記者会見し、暴力団工藤会(本部・北九州市)について「壊滅できるよう全力で対策を取っていきたい」と抱負を述べた。

「工藤会によるとみられる未解決事件も多く残されており、暴力団の存在は県民の大きな脅威となっている。壊滅に向けた対策は正念場だ」と指摘。直前まで警察庁の組織犯罪対策部長を務めてきた経歴に触れたうえで「職員の先頭に立って暴力団の壊滅を目指す」と述べた。さらに「資金源に打撃を与えるなど戦略的な暴力団対策を推進したい」と力を込めた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]