薩摩川内市長「安全性、1歩も2歩も前進」 再稼働

2015/8/11付
保存
共有
印刷
その他

九州電力川内原子力発電所が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は11日午後、市役所内で記者団の取材に応じ、「昨年10月に(再稼働に同意する)意思表示をしてから長い道のりだった。厳しい基準を九電としてクリアして安全性が1歩も2歩も前進したと感じている」と再稼働を歓迎した。「市民の生活は(停止中の)4年間の打撃が大きかったと思う。再稼働が始まってどのように変わるか推移をみて…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]