豪雨の流木 資源に 福岡・大分で発生の20万トン超

2017/8/12 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 九州北部豪雨で大量に発生した流木の利活用が始まりつつある。焼却処分にするだけでなく、火力発電やバイオマス発電施設の燃料にする方法も。豪雨で発生した流木は福岡・大分両県で20万トン以上と推計される。仮置き場に収容できる流木の量も限られる中、いち早い処理が求められている。

 「流木の受け入れ可能性はありますか」。福岡県職員は7~8月、県内外の発電事業者や焼却施設など47カ所にメールなどで九州豪雨で発生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

資源流木福岡県日本フォレスト

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 12:53更新
9:41
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 2:23
1:00更新
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報