サッカー

サッカーJ2長崎、ジャパネットHDの支援受け入れ

2017/3/11 1:31
共有
保存
印刷
その他

 サッカーJ2のV・ファーレン長崎は11日、通販大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)からの支援を受け入れる方針を固めた。

 同様に支援を表明していた英会話教室大手のNOVAホールディングス(東京)の提案を受け入れると表明していたが、方針を転換し、NOVA側には断る旨を伝えたという。V・ファーレンはジャパネット傘下で再建を目指す方向になった。

 ジャパネットはV・ファーレンを子会社化する意向を示しており、V・ファーレンは「詳細は今後話し合いたい」としている。Jリーグから17日までに今後の体制について報告するよう求められていたが「ジャパネットから間に合わせるとの話をいただいた」としている。

 V・ファーレンは2017年1月期に約1億2000万円の赤字になったもよう。4月以降の資金繰りや給与の遅配などの懸念が出ており、支援企業を探していた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【ロンドン=共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグでFW岡崎慎司の所属するレスターがシェークスピア監督を解任したと17日、デーリー・メール紙(電子版)など複数の英メディアが報じた。
 シェークス …続き (0:13)

 【ベルリン=共同】サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選で、残り4枠の出場権を争うプレーオフの組み合わせ抽選が17日、スイスのチューリヒで行われ、06年ドイツ大会王者のイタリア …続き (17日 22:07)

 Jリーグは17日、東京都内でJ1、J2、J3の各実行委員会を開き、開幕時期を現行の春から夏に変更するシーズン移行案に反対する方針を改めて確認した。移行については今年から議論が再開されたが、冬季は降雪 …続き (17日 21:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]