/

薩摩川内市長「安全性確保されたと認識」 川内原発了承受け

鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は10日、原子力規制委員会が川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県)の安全対策が新規制基準を満たしているとの審査書を了承したことに対して、「原子力利用の安全確保を目的に設置された規制委が、日本の厳しい自然現象や福島原発事故の教訓、また最新の技術的知見および国際的な基準などを踏まえた新しい基準を策定され、かつ慎重な審査が行われた結果、その基準に適合すると認められたということは安全性が確保されたものと認識している」とコメントした。

また、九州電力に対しては「関係法令に基づき確認が行われる工事計画認可申請や使用前検査、保安規定変更認可などに関し引き続き適切な対応をお願いしたい」と言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン