/

玄海原発3・4号機、町長が再稼働に同意表明

九州電力玄海原子力発電所が立地する佐賀県玄海町の岸本英雄町長は7日開いた記者会見で、同3、4号機の再稼働について「理解する」と述べ、同意する意向を正式に表明した。今後は県民や県内全市町長の意見、佐賀県議会の議論などを踏まえ、山口祥義知事が最終判断する。その時期は4月以降になる公算が大きい。

原発を再稼働するためには、地元の同意手続きのほか、工事計画認可と使用前検査を受ける必要がある。玄海原発の再稼働は早くても今夏以降になる見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン