/

訪日外国人の九州レンタカー利用2倍 昨年9~12月

訪日外国人のレンタカー利用台数が急増している。九州運輸局がまとめた2015年9~12月に実施したレンタカー会社8社からの聞き取り調査では、期間中の外国人レンタカー利用件数は8248件。1日あたりの平均利用台数は67台と前年に比べ2.2倍に増えた。国・地域別では韓国(45%)、香港(33%)からの旅行客が多く利用した。

訪日客の総数が急増しているほか、現地の大手旅行会社と連携した販促活動などが利用台数を押し上げた。レンタカー利用の拡大で公共交通機関が整備されていない農山漁村など、インバウンド(訪日外国人)観光から外れていた地域にも恩恵が広がりそうだ。

運輸局では官民組織の九州観光推進機構などと連携して今後もレンタカー利用を促すキャンペーンを展開する。インバウンドのニーズ多様化に対応した受け入れ環境の整備を進める方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン