2019年1月23日(水)

容疑の少女、母に「人を殺したい」 佐世保殺害の直前

2014/8/5付
保存
共有
印刷
その他

長崎県佐世保市の同級生殺害事件で、殺人容疑で逮捕された高校1年の少女(16)が事件の3日前、父親と再婚した新しい母親に「人を殺したい」という趣旨の話をし、両親が事件前日に精神科に入院を頼んだが実現しなかったことが4日、分かった。父親が弁護士を通じて明らかにした。

弁護士によると、7月23日、少女は通院中の精神科に母親と向かう途中、ネコを殺すのが楽しいという趣旨の話をした後、真剣な様子で「人を殺したい」などと打ち明けた。

また弁護士は4日、精神科とのやりとりを父親がまとめた書面も公表した。ただ弁護士は「あくまで父親本人が書いていることだ」とし、病院側には確認していないという。

書面によると、7月23日の診療で母親が少女の殺人願望を医師に伝えたが、医師は「今日は時間がない」と言って診療を終えたとし、医師に切迫感がなかったと指摘した。

また事件前日に両親が精神科に行き、「ここの病院か別の病院に入院するという措置は取れないか」と頼んだが、医師は「個室はあるがその一つを独占することになる」などと言い、実現しなかったことも明らかにした。

事件の約20日前には、医師が両親に、少女がネコを殺していると伝えた上で警察への相談も打診したが、事件前日の話し合いで警察への相談は見送り、児童相談窓口に連絡をとることで意見がまとまったという。父親は話し合いの後、児童相談窓口がある佐世保こども・女性・障害者支援センターに電話したが、勤務時間外で職員が不在だったため相談できなかったという。

弁護士によると、少女は3月、父親を金属バットで殴打したため、父親が精神科に通院させていた。父親は医師から「同じ家で寝ていると、命の危険がある」と助言されたため、少女を事件現場となったマンションで4月から一人暮らしをさせていた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報