2017年11月24日(金)

北九州に「イクボス同盟」市や商議所 働き方改革

2017/9/1 21:20
保存
共有
印刷
その他

 働きやすい街へボス(管理職)の意識を高めよう――。北九州市で従業員のワークライフバランス(仕事と家庭の両立)などを推進する官民連携組織「北九州イクボス同盟」が設立された。北橋健治市長と北九州商工会議所の利島康司会頭が発起人となり、まず50社・団体の参加を目指す。

 イクボスとは自ら率先して残業削減や子育て・介護支援などに取り組む経営者や管理職を示す。特に男性労働者の多い鉄鋼業などを軸に発展した同市は「(市民の勤務先が)サービス部門にシフトするなか、労使関係の工夫が必要」(北橋市長)として、市の管理職全員の「イクボス宣言」などに取り組んできた。

 「同盟」では11月15日に志賀俊之・産業革新機構会長(日産自動車取締役)を招いたシンポジウムを開くほか、働き方改革を生産性や業績の向上につなげた地元企業の事例紹介セミナー、専門家の派遣などを手がける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報