/

直木賞作家の佐木隆三氏が死去 78歳

 北九州市門司区の自宅で取材に応じる作家の佐木隆三さん(5月)=共同

「復讐するは我にあり」などで知られる直木賞作家の佐木隆三(さき・りゅうぞう、本名=小先良三=こさき・りょうぞう)氏が10月31日午前8時40分、下咽頭がんのため北九州市小倉北区の病院で死去した。78歳だった。告別式は近親者のみで行う。お別れの会を開くが日取りなどは未定。喪主は長男、小先隆三氏。

高校卒業後に八幡製鉄(現新日鉄住金)に入社。退社後、文筆活動に専念し、実際に起きた連続殺人事件を基にした小説「復讐するは我にあり」で1976年、直木賞を受賞した。このほか埼玉県、東京都で起きた連続幼女誘拐事件や地下鉄サリン事件などの裁判を傍聴して執筆したノンフィクション作品を多く発表した。

2006年11月から12年3月まで北九州市立文学館の館長を務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン