速報 > 地域ニュース > 中国 > 記事

広島電鉄、広島市内中心部のバス代180円均一 路面電車と同額

2017/9/29 7:01
共有
保存
印刷
その他

 広島電鉄は28日、11月1日から広島市内中心部を走るバスの運賃を180円均一に変更すると発表した。路面電車の市内線と同額にする。広島駅―紙屋町は20円値上げになるが、多くのバス利用者は20~60円の値下げになる。市内の循環バス新設や、電車とバスどちらでも乗れる共通定期券も検討。通院や買い物客が利用しやすい運賃や路線に再編する。

 広島、新白島、横川、西広島のJR各駅から市内中心部には現金で180円、広島県内の交通系ICカード「PASPY」(パスピー)なら170円になる。11月1日をまたいだ定期券は期限まで使える。

 エリア内で同社のバスの利用者は年間348万人と、バス利用者全体の1割弱。年間で1900万円の減収になるが、路面電車とバスの料金体系が区間内均一であることを市民に広め、マイカーやタクシーからの切り替えを促し利用者を増やす狙いだ。運賃再編への反応を踏まえ、宇品や江波、観音などバスの均一区間から外れたデルタ(三角州)の地域でも運賃体系を見直す。

 バスについては、来春めどに広島駅を出て八丁堀、紙屋町、白神社、田中町を経由して広島駅まで戻る循環線を運行することを検討中だ。これとは別に広島駅から広島大学病院や広島赤十字・原爆病院などの総合病院などを結ぶ新路線、広島港からアルパーク、イオンモール広島府中など商業施設へのアクセス改善を図る新路線も検討する。

 郊外のバス路線では乗り継ぎ拠点となる「バスの駅」を新設、基幹路線は大型バス、乗り継ぎ拠点までは中小型バスに替えて効率化を図る。

 同社は段階的な路線や運賃の再編について広島市と協議中。来春にはパスピー1枚で複数のバス会社の重複区間を乗れる「共通定期券」やバスの乗り継ぎ割引きを導入する。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

政府広島電鉄パスピーバス利用者イオンモール

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 2:23
1:00更新
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
3:01
2:22

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報