はればれ 百面相輝く 天保山大観覧車(未来への百景)
大阪市

2015/5/12付
保存
共有
印刷
その他

観覧車を赤一色に染めていた光が消えた。一拍おいて、発光ダイオード(LED)が形作る光の絵や文字が、直径100メートルの円盤の上を流れ始めた。「WELCOME」の文字、万華鏡模様、色とりどりの魚。「魚や」「お、動いとる」。間近で見上げていた家族が声を上げた。

大阪市湾岸部、天保山の大観覧車が4月にライトアップを一新した。スポークに配した1560個のLED照明器が絵や文字を描き、360個のLED投光…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]