2019年8月21日(水)

電力小売り、9月開始 香川の新電力、四国電より料金割安

2016/8/27 6:00
保存
共有
印刷
その他

新電力の香川電力(高松市)は26日、香川県を中心に四国で電力小売事業を9月1日から始めると発表した。一般家庭や事業所に電力を販売する。設備費や人件費などを抑え、四国電力に比べて安く料金を設定する。まず年間1億5000万円の売上高を目指す。

家庭向けでは使用量が多いほど単価が割安となる料金設定とした。1カ月の使用量が120キロワット時以上の場合、四国電の家庭向けプラン(従量電灯A)に比べ1~16.5%抑える。1カ月の使用量が300キロワット時の世帯の場合、四国電の料金(7353円)に比べ月額で379円安いという。企業向けも手掛ける。

小売り電気事業者の登録のほか、電気通信事業者としても届け出ており、今後は自社ブランドの格安スマートフォン(スマホ)とのセットで電気料金をさらに1%割り引くサービスも始める。電気をセット販売できる県内の事業者や、販売代理店を募る。

電気は卸市場から調達するほか、太陽光発電などからの買い取りも検討する。同社は格安スマホ関連の事業者が4月に従業員4人、資本金600万円で設立した。四国では坊っちゃん電力(松山市)や藤田商店(香川県観音寺市)などが小売業者登録しているが、他地域に比べ参入は低調だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。