/

JR四国、新型ディーゼル特急の量産断念 連続カーブへの対応困難

空気バネ式、先行4両は高徳線に

JR四国はディーゼル特急の新型車両「2600系」の量産を断念する。空気バネで車体を傾ける方式を採用し、先行4両で試験していたが、連続カーブの多い土讃線での運用が難しいと判明したため。土讃線などの主力ディーゼルは老朽化しており、今後の新規車両は従来の振り子方式に戻す。完成済み4両は12月に高徳線(高松―徳島)で営業運転に入る。

2600系は14億円をかけ、2両2編成の計4両を製造。1989年以降に導入した主力ディーゼルの後継を目指していた。空気バネ方式は従来より構造が単純で、保守コストを減らす狙いがあった。ただ、高松から高知へ山間部を走る土讃線の連続カーブでは空気容量の確保に課題があることがわかった。

今後は内装の特徴などは2600系をベースにしつつ、車体傾斜は超過遠心力を利用する振り子方式にする。国の支援措置を活用し、2020年度までに老朽車両と置き換える予定だが、詳細はこれから詰める。

2600系は高徳線で走らす。12月2日から特急「うずしお」(高松―徳島)として1日3往復を想定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン