夜の観光促し補助金 大阪府、訪日客向け舞台など

2017/8/26 6:25
保存
共有
印刷
その他

大阪府はインバウンド(訪日外国人)が大阪の観光を楽しめるよう、夜の舞台公演や文化教室の事業者向けに補助金制度を創設する。経費の半額以内を1件当たり500万円まで補助する。府は観光戦略として24時間楽しめる都市を目標にしており、夜に安心して過ごせる娯楽の場を増やす。

「ナイトカルチャー発掘・創出事業補助金」に応募できるのは府内で事業を実施する予定がある法人。(1)音楽、演劇、古典芸能など舞台芸術(2)和楽器、舞踊、工芸など日本・大阪の文化を体験できる事業(3)アニメや漫画などの集客イベント――が対象となる。

補助対象は、開演が午後6時以降、終演が同8時以降の催しに限る。2017年度内に終了し、年度末までの開催回数が5回以上の公演が条件だ。9月27日まで受け付け、府が審査し、10月に事業者に内定を通知する。府は「夜の観光振興に対象を絞った補助金は全国でも珍しいのではないか」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]