2018年10月20日(土)

三谷産業、広島の研究拠点拡充 樹脂成形品を強化

2017/8/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

三谷産業は22日、車載向けの樹脂成形品事業の強化に向けて広島市の研究拠点を拡充すると発表した。5億円を投じ、研究施設と営業所を一体化した「広島事業所」を新築する。不良品を出さない生産技術の開発に加え、電子部品と組み合わせた複合製品の試作・検証などに取り組む。

同日、広島事業所の建設を開始した。建物は3階建てで延べ床面積は1455平方メートル。来年3月に完成する予定だ。近隣に分散していた研究施設「トライアルセンター」と広島営業所を新拠点に集約する。

三谷産業はベトナム子会社の工場で量産した樹脂製品を日系の自動車部品メーカーに供給。広島の拠点では品質向上や生産効率化に向けた研究に取り組んでいる。

今春には富士通のベトナム子会社を買収し、電子部品を組み込んだ樹脂製品の開発を加速させている。新拠点ではベトナム人技術者の育成にも取り組む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報