/

福井のスーパー、ヤスサキ とくし丸と協力し移動販売に参入

食品スーパーなどを展開するヤスサキ(福井市)は30日から軽トラックを使った移動販売を始める。食品や消耗品など約400品目を用意。福井市郊外の1店舗の周辺3ルートを週2回ずつ走らせる。車での来店が難しい高齢者を中心に、周辺の120世帯を想定顧客として見込んでいる。定期的に周遊することで、地域の見守り役としての機能も持たせる。

ノウハウは野菜宅配のオイシックス傘下で、移動スーパー事業を手掛けるとくし丸(徳島市)から提供を受けた。移動店舗では商品1点あたり10円を上乗せして売る。

福井県内では山間地域の高齢者が買い物難民となっている。まずは1台から導入しヤスサキの社員が運転する。運用状況を見ながら順次台数やエリアを拡大していく方針で、増車分は現在募集している販売パートナーに委託する。同社は「将来的には10台程度の需要がある」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン