2019年2月18日(月)

ブロックチェーンで電子マネー実証実験 テックビューロなど

2017/1/6 6:28
保存
共有
印刷
その他

仮想通貨基盤開発のテックビューロ(大阪市)やさくらインターネットなどは、分散型台帳技術「ブロックチェーン」を用いた電子マネーを運営する大規模な勘定システムの実証実験に成功した。低コストで記録の正確性が高い新技術として国内外にアピールし、早期に実用化につなげたい考え。

実証実験はテックビューロのブロックチェーン開発ソフト「mijin(ミジン)」で、さくらインターネットが月5万円程度の利用料金で提供しているクラウドサーバーを3台使い電子マネーの勘定システムを構築。1時間当たり1080万件の取引を実行しても、システムは休止せず、取引記録も正確だったという。

今回の実証実験では2017年初めにテックビューロが公開予定のミジンの新バージョンを使用。1秒当たりの平均的な取引処理件数は3千件以上で、現状で安定的に運用できる1秒当たり500件程度から大幅に増えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報