/

銀盤酒造、商品を刷新 清酒 新ブランド「剣岳」 リキュールも

銀盤酒造(富山県黒部市)は17日、商品のラインアップを刷新すると発表した。清酒の新ブランド「剣岳」を発売するほか、リキュールなど新たに約40商品を投入する。従来の500商品を200商品に絞るなど商品の統廃合も行う。同社は2016年6月に酒類卸の阪神酒販(神戸市)の傘下に入り、経営改革を進めている。商品力を高め、販売拡大を目指す。

新たな清酒シリーズ「剣岳」では純米吟醸と特別純米、特別本醸造の3種類を9月から投入する。それぞれ720ミリリットルや1800ミリリットルなどを用意、富山の名峰である剣岳のイラストを施したラベルを使用した。近年、純米酒など付加価値が高い「特定名称酒」の人気が高まっており、「我々の柱としてブランド化したい」(田中文悟社長)。

日本酒以外のジャンルも充実させる。阪神酒販のグループ会社のヨーグルトを使ったお酒など2種類のリキュールを投入。ウイスキーの味わいを楽しめる「ホワイトオーク」も発売する。応援団長には元プロボクサーの亀田興毅さんを起用。銀盤ブランドの認知度を全国に広げることを目指す。

銀盤酒造は1910年に創業。田中社長は「10年、50年、100年続く会社になるための新たなスタートにしたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン