無人運転、高レベル目指す けいはんなの公道で実証実験へ

2017/9/15 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動運転の実用化に向けて、関西の企業や研究施設が実証実験できる場を設ける試みが動き出す。舞台は京都・大阪・奈良にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)。公益財団法人の推進機構(京都府精華町)は近く国に一時的に規制を凍結する特区の適用を要望する見通しだ。年内に公道で走行を始め、将来は「レベル4」の高度な無人運転を目指す。

実験場として開放されるのは学研都市中心部の精華町・木津川市西部。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]