2019年5月25日(土)

清水寺近くの旧小学校校舎、ホテルに 京都市とNTT都市開発

2017/7/14 6:32
保存
共有
印刷
その他

京都市は13日、世界遺産の清水寺近くにある旧清水小学校校舎を宿泊施設として活用する計画について、NTT都市開発と地元自治会の3者で覚書を交わした。昭和初期の建物の風合いを生かした宿泊施設として2019年夏をめどに開業する見通しだ。施設の運営はプリンスホテルに委託する。

既存の校舎は外観を保存し、内装に手を加え客室にする。客室を増やすため敷地内に宿泊棟を増築するほか、平屋のレストラン・カフェを新設。地域住民が利用できる集会所も設ける。地上4階建てで客室数は約50室。平均客室面積は50平方メートル以上になる予定だ。

NTT都市開発の中川裕社長は「付近は世界的な観光地。きめ細やかなサービスを提供できる高品位なホテルにする」と語った。施設内には地域の伝統産業の品をあしらう。京都市の門川大作市長は「京焼、清水焼など、伝統産業の担い手に還元したい」と語った。

元清水小学校は1869年(明治2年)に開校し2011年に閉校。歴史的な価値のある建物を生かしながら土地を活用するとして、京都市は16年に契約候補事業者としてNTT都市開発を選定していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報