/

この記事は会員限定です

国交省、福井の河川掘削し湿地造成 コウノトリなどの生息地に

[有料会員限定]

国土交通省は福井市内の日野川で洪水防止に河道を掘削しながら湿地も造る事業を2016年度から始める。掘削で豪雨時に川に流すことができる水の量を増やすのと同時に、コウノトリをはじめとする多様な生物の生息の場を作ることにつなげる。「治水と環境の両立」を目指す全国でも珍しい試みだ。

「日野川水防災・湿地創出事業」として実施する。16年度の事業費は1億円余りで、福井市の片粕(かたかす)地区で工事を始める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン