2019年7月23日(火)
トップ > 特集 > 関西発 > 軌跡 > 記事

関西発

フォローする

11月6日の電子版のリニューアルに伴い、特集「関西発」は「地域」セクションに移りました。「関西発」のコンテンツは「地域」セクションの「関西」でご覧頂けます。

経営相談 セミナー開催 中之島図書館ものがたり(4)
軌跡

2016/8/19 6:00
保存
共有
印刷
その他

中之島図書館は古典籍のほか、ビジネス支援の拠点としても機能している。ビジネス支援を始めたのは開館100周年の2004年だ。その直前、利用者アンケート調査を実施し、大阪商工会議所などと協議したうえで、古典籍とビジネス支援を運営の2本柱にすることを決めた。ビジネス街の中心にあるという立地が判断の根拠になった。

ビジネス関係資料は17万冊あり、このうち社史が5000冊ほどある。07年にダイヤモンド社からまとめて3800冊を寄贈された。最近は創業100周年を迎えた企業が多く、これらの企業が記念に刊行した社史の寄贈も相次いでいる。

同図書館ビジネス支援課の高萩綾子課長は「社史は価値が高く、就職活動にも利用できる」と話す。大阪府内の企業を優先し、社史出版の情報をいち早く入手するため、日ごろから努力している。

業界紙は500を超え、「全国の図書館でトップ級」(高萩課長)という。大半が寄贈で、しかも「寄贈先はぜひ中之島に」と申し出るらしい。

関係図書を多く集めるだけでなく、より実践的なビジネス支援サービスにも踏み込んだ。13年度に大阪中小企業診断士会に協力を求め、診断士による無料の経営相談を始めた。起業から経営改善まで相談内容は幅広い。翌14年度には同会と図書館による無料セミナーを2回開き、15年度からほぼ毎月開催している。

同会の池田朋之理事長は「セミナーは診断士が実体験を基に話し、事例を多く紹介している。好評で参加者が増えた」と顔をほころばせる。同会はセミナー参加者の経営相談を受け付けたり、中高生にも分かるセミナーを検討したりして知恵を絞っている。(この項おわり)

次回は「五代友厚の志継ぐ大商」

関西発をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。