/

この記事は会員限定です

シーライフ、ノドグロ缶詰自社生産 製造設備を導入

[有料会員限定]

水産加工のシーライフ(島根県浜田市)は缶詰事業を拡大する。これまで外部に生産を委託していたが、本社内に自前の製造設備を導入して9月中旬に稼働させる。浜田市の水産業を代表する特産ノドグロを使った缶詰を増産し、新商品も投入する。首都圏などではつまみとして手軽に食べられる缶詰の人気が高まっており、干物に続く主力事業に育てる。

製造設備は本社内に、約900万円を投じて設置した。気密缶を作る巻き締め機や、圧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン