2018年7月16日(月)

岡山―台北に7月、LCC就航 タイガーエア台湾、週3往復

2016/6/7 6:00
保存
共有
印刷
その他

 岡山県は6日、格安航空会社(LCC)のタイガーエア台湾(台北市)が岡山と台北間に定期便を就航させると発表した。7月14日から岡山空港と台湾桃園国際空港の間を、月・木・日曜の週3往復する。岡山空港にLCCが就航するのは初めて。台湾路線でのLCC就航は中四国でも初となる。

 180人乗りのエアバスA320で運航し、料金は片道5300円(税別)からとする。6月7日から航空券を発売し、同9日までは就航キャンペーンの特別料金として、一部の座席を同2299円(同)で販売する。近年、岡山を訪れる台湾からの観光客が増えており、県は就航でさらなる増加を見込む。

 岡山空港と台湾の間では、2014年に台湾のエバー航空が定期便の運航を休止した。伊原木隆太知事は6日の記者会見で「若者の個人客を中心に他空港と違う客層が見込める」と期待した。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報