/

この記事は会員限定です

日亜化学工業、レーザーダイオード生産拡充 220億円投資

[有料会員限定]

発光ダイオード(LED)大手の日亜化学工業(徳島県阿南市)は、本社工場敷地内にレーザーダイオード(LD、半導体レーザー)の新生産棟を建設する。2019年2月の操業開始を目指す。20年までに生産設備と合わせて約220億円を投資する。主力のLEDは液晶画面向けなどが減速しており、付加価値の高いLDを増産し新たな柱に育てる。

新生産棟は1日に工事に着手、建屋は地上8階建てで延べ床面積は約3万平方メートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン