2019年9月15日(日)
トップ > 特集 > 関西発 > 軌跡 > 記事

関西発

フォローする

11月6日の電子版のリニューアルに伴い、特集「関西発」は「地域」セクションに移りました。「関西発」のコンテンツは「地域」セクションの「関西」でご覧頂けます。

「申し子」早世 喪失感深く 関西ラグビーと傑物たち(4)
軌跡

2017/8/10 17:00
保存
共有
印刷
その他

どの世界にも申し子と呼ばれる人がいる。ラグビーでは平尾誠二がそうだ。京都・陶化中(現凌風中)で一緒にプレーした綾城高志(ラガール7ウエスト監督)によると2学年上の平尾は「既に周りと違うオーラを放っていた」。ステップが華麗で走りがうまく、キックもパスも秀逸。「おまけに頭がいいし男前」(綾城)

平尾氏は卓抜なプレーでファンの視線を独り占めした

平尾氏は卓抜なプレーでファンの視線を独り占めした

統率力も抜群で、行った先々でチームは凱歌(がいか)を揚げた。京都・伏見工高で全国高校大会を初制覇。同志社大では1982年度から史上初の全国大学選手権3連覇、神戸製鋼では全国社会人大会と日本選手権を7連覇。スタンドオフやセンターでの卓抜なプレーと端正な顔立ちでファンの視線を独り占めした。

同大と神戸製鋼でも同僚だった綾城にとって平尾は「生涯の師匠」。プレーぶりに加えて後輩の心をつかんだのが「思考の深さ」だ。綾城の印象に残るのが84年度大学選手権決勝。自陣ゴールライン手前でフォワードが慶応大にスクラムを押される中、平尾が叫んだ。「トライさせてまえ!」

フォワードが耐え続けた末に逆転され、時間が尽きれば元も子もない。ならば早めにトライさせて再逆転を期す「常人とは違う見方」(綾城)。この後、同大はとっさの配置変更でスクラムを立て直し、平尾の奇策なしに3連覇を遂げる。

神戸製鋼と日本代表で監督も務めた平尾は、親しみやすい性格で京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥ら各界に友人を持った。ラグビー界の枠にこもらない姿は「ミスター・ラグビー」の声価をより高めた。

次々に強敵を倒してきた猛者も病には勝てず、昨年53歳の若さで死去。ワールドカップ日本大会を2019年に控えての旅立ちに、今も多くの関係者が喪失感を拭えないでいる。巨星が残したものはそれほどまでに大きかった。(敬称略)

=この項おわり

次回は「踊る!バレエ団」

関西発をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。