2019年2月23日(土)

奈良・十津川村 なぜ「東京弁」(謎解きクルーズ)
険しい峡谷 関西弁阻む

(1/2ページ)
2014/10/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

新潟県出身の記者が何気なく方言関係の雑学本を読んでいたら、「奈良県十津川村で東京弁が話されている」という記述に目が留まった。関西弁は近畿であまねく使われていると思っていたからビックリ。なぜそうなったのか。興味をかき立てられ、奈良の最奥部に向かった。

JR五条駅(奈良県五條市)を降り、奈良交通の路線バスに乗る。近鉄大和八木駅(同橿原市)とJR新宮駅(和歌山県新宮市)を6時間半かけて結ぶ全長166.9キロメートル、高速道路を使わない路線では日本一の長距離バスだ。峡谷沿いの断崖に張り付いた国道168号を縫うように走る。乗用車がすれ違うのもやっとの狭い場所も多い。

2時間ほどで十津川村の観光名所「谷瀬の吊(つ)り橋」に着いた。雄大な渓谷にかかる高さ54メートル、長さ297メートルと日本でも有数の長い鉄線つり橋だ。住民の生活道路として使われている。土産物店でちらしずしを買う。「300円です。ありがとうございます」。店員さんの言葉に関西弁のイントネーションは感じられない。

△ △ △

村の教育委員で、郷土史に詳しい松実豊繁さんに話を聞く。「十津川村の人は東京式アクセントで話すので、周囲とは言葉の特徴が異なる言語島の一つと言われている」と教えてくれた。

関西弁の京阪式アクセントと標準語の東京式アクセントの違いでよく知られるのが、橋と箸だ。京阪式の橋は一音節を高く、二音節を低く発音。箸は一音節を低く、二音節を高く発音する。東京式は正反対になり、橋は低高、箸は高低のアクセントになる。

十津川村の人と話すと語彙は関西弁と同じ場合もあるが、東西で共通する言葉のアクセントは標準語と変わらない。そのため東京の人と話しているような感じがする。もっとも、松実さんによると、蛇を「ぐちなわ」と呼んだり、語尾に「~ね」の意味で「のら」を付けるなど、「関西弁とも東京弁とも違う独自の方言が少なくない」という。

富山大学の中井精一教授(日本語学)によると「奈良県北部は京都、大阪に近く、中世以降、交流も活発だった。一方、十津川村など南吉野は険しい山間地で往来は不便。そのため、独自の言語体系が発展した」という。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報