浪曲はミュージカル 現役大学生、上方に新風

2015/3/1付
保存
共有
印刷
その他

60~80代の大ベテランが中心の上方浪曲界に、現役大学生2人が新風を吹き込んでいる。1月にデビュー公演を開いた京山幸太(20)はテンポの良い爽やかな芸風。2011年デビューの真山隼人(19)は上方伝統のコテコテな演歌浪曲を得意にする。ルックスも好対照な2人に注目が集まる。

9日、一心寺(大阪市天王寺区)で開かれた月例の「一心寺門前浪曲寄席」。薄紫色の着物に身を包んだ幸太が登場すると舞台が華やぐ。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]