日銀総裁が大阪で講演、関西経済の振興「意欲を感じた」

2017/9/26 6:00
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁は25日、大阪市で関西経済連合会など関西経済界と懇談した。関西側は2019年のラグビーワールドカップ(W杯)開催や25年の国際博覧会(万博)招致活動などを紹介。黒田総裁は「関西経済を盛り上げる意欲を感じた」と期待を表明した。同日の記者会見では足元の関西経済について「緩やかな拡大基調」との認識を示した。

懇談会では、関経連の松本正義会長が関西での大きなイベントとして21年のワールドマスターズゲームズや統合リゾート(IR)誘致なども挙げた。金融政策を巡っては、金利低下で借り入れ環境が改善したとの声がある一方、金融機関の収益への逆風も指摘が出た。黒田総裁は「ご意見を踏まえつつ、粘り強く金融緩和を進めて企業の取り組みをサポートしていく」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]