/

日本電産、中途採用1000人 今後2年間で計画 課長級以上

日本電産の永守重信会長兼社長は25日、東京都内で開かれた決算説明会で「今後2年間で課長級以上の約1000人を中途採用で獲得する」との方針を示した。車載機器や家電・産業分野でモーターと制御機器を組み合わせたモジュール(複合部品)に力を入れる考えで技術を強化する。

永守社長は自動運転車に必要な次世代ブレーキ用モーターで2020年度に世界シェア6割を目指す方針も明らかにした。パワステ用モーターでもシェア50%超を目標とするほか、駆動系モーターにも参入する。15年度の車載事業の売上高は2713億円だったが20年度に6000億円を狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン