/

豊富な財源、格差を助長 歴史の遺物「財産区」(1)

軌跡

「財産区」という名前を聞いたことがあるだろうか。山林、ため池、墓地など、主にかつて共有地だった不動産を維持・管理する特別地方公共団体だ。総務省の関心は乏しく、不祥事でもなければ動向が報道されることはない。それでも全国には今なお約4000の財産区があり、保有する土地の面積は1万8800平方キロメートルと四国を上回る。とりわけ大阪府と兵庫県に多く、近畿2府4県で1500超と4割近くを占める。

財産区の多くは明治と昭和の2度の市町村大合併で誕生した。1889年(明治22年)の市制・町村制施行に先立ち、国は江戸時代以来の入会地を次々と国有地や公有地として召し上げた。これに住民が反発。市町村合併が進まなかったため、財産区制度を設けて自主管理の道を開いた。

戦後は合併を促す「アメ」として使われた。旧町村の公有地を合併時の協議で財産区に移すことを認めたのだ。財産区の数が159と全国で岡山市に次いで多い神戸市の魚崎財産区はこの代表。1950年に神戸市と合併した魚崎町(現東灘区)の保有資産を引き継ぎ、圧倒的な経済力を誇る。

約200カ所ある貸付地の賃料や17億円ある基金の利息で、収入は年7000万~1億円にのぼる。予算の配分先を決めるのは選挙で選ばれた財産区議会。松田新八議長は「先人が築いた財産を魚崎住民のために有効活用したい」と話す。

域内の小中学校や婦人会、消防団には毎年数十万~100万円をそれぞれ助成。敬老の日には69歳以上の全住民に記念品とカタログギフトを贈る。小中学校や保育園は2014年度、周辺地域に先駆けて防犯カメラを複数台設置した。かつては消防団が持つ消防車を寄付し、2つある地車保存会のだんじりの修繕費も負担してきた。

施設も充実している。3つの会館を持ち、子供会やダンスの稽古、サークル活動などに使われる。部屋には音響装置が備わり、最近はカラオケも人気という。例えば50人入れる横屋会館の集会室は、午前中3時間なら2000円で利用できる。ただし、財産区の住民でなければ料金は2倍。囲碁や将棋、マッサージチェアを備えた魚崎わかばサロンは住民以外使えない。

神戸市にはほかにも基金を10億円以上持つ財産区が4つある。灘区の都賀財産区は最近、だんじりの保管庫を備えた都会館を1億9000万円かけて竣工させた。地方自治法は「財産区は(中略)市町村の一体性をそこなわないように努めなければならない」と規定するが、裕福な財産区は地域住民にだけ恩恵をもたらし、格差を拡大させる。

魚崎財産区の松田議長は「住民に一番近く、困っていることが手に取るようにわかる」という。住民自治の究極の姿かもしれないが、そばには市の出先機関である東灘区役所がある。力を持ちすぎると県、市、財産区の三重行政にもなりかねない。

編集委員 磯道真が担当します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン