/

田辺三菱、イスラエル製薬を1240億円で買収

田辺三菱製薬は24日、イスラエルの製薬会社ニューロダーム社を1240億円(1株39ドル)で買収すると発表した。同社の発行済み株式全てを取得する。9月に開かれるニューロダーム社の株主総会を経て、10月にも完全子会社にする。田辺三菱は今回の買収により、2020年度までに米国で800億円程度の売上高を目指す。

ニューロダーム社は2003年設立のベンチャー企業で、主に中枢神経疾患治療薬を開発している。すでに製品化前の最終段階である第3相の臨床試験(治験)中の治療薬候補を含め、3つのパーキンソン病治療薬候補を持っている。

取得費用はニューロダーム社の普通株式に1241億円、アドバイザリー費用(概算額)に11億円の計1252億円を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン