2019年2月24日(日)

豪華列車が福を呼ぶ? JR西が「瑞風」公開

2017/2/23 18:39
保存
共有
印刷
その他

西日本旅客鉄道(JR西日本)は23日、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の車両を大阪市内の操車場で公開した。瑞風とは吉兆を示すめでたい風という意味だ。車内には京都や山陽・山陰の工芸品をあしらい、料理にも地元の食材を使う。西日本の魅力を盛り込んだ列車で、沿線に福を呼び込む。

同日開いた記念式典で来島達夫社長は「西日本の皆様と山陰・山陽の魅力を発信する。これまで触れられていなかった場所に足を運んでもらえる」と、沿線の活性化に期待を示した。車両は深みのある緑色に金色のエンブレムをあしらい、「ノスタルジック・モダン」な外観に仕上げた。

10両編成で定員は約30人。両端には展望室があり、走行時は最後尾の外側にあるデッキに出て沿線の風景を楽しめる。展望室には運転席と同じ目線で外の景色を眺められる席も用意した。

客室には沿線の産品である天然木材を使用。山口県産のシイや島根県産のカシなど、中国地方の5種類の木を使って客室ごとに壁の木目に変化をもたせた。ソファの色や照明スイッチのかざり金具など、内装も客室ごとに変えた。客室の廊下側の壁を可動式にして、客室内から反対側の景色も窓いっぱいに眺められるよう工夫している。

廊下などに飾る美術品も沿線にちなんだものを集めた。島根特産の石州和紙を使った照明器具や萩焼の花器のほか、沿線各地の景色と瑞風を組み合わせた木版画も展示する。

食堂車では沿線の食材を活用。テーブルにはIH調理器具を設けて鍋料理なども提供する予定だ。バーカウンターのほか、立礼式の茶の湯を楽しめる卓も用意した。

価格は1泊2日コースの場合、一番安いロイヤルツインが1人27万円から、ザ・スイートは75万円からとなる。

(大阪経済部 大淵将一)

報道陣に公開された「トワイライトエクスプレス瑞風」の車両(23日、大阪市淀川区)

報道陣に公開された「トワイライトエクスプレス瑞風」の車両(23日、大阪市淀川区)

収納式ベッドを採用したロイヤルツインの客室(23日午後、大阪市淀川区)

収納式ベッドを採用したロイヤルツインの客室(23日午後、大阪市淀川区)

カウンターで飲み物が楽しめるラウンジカー(23日午後、大阪市淀川区)

カウンターで飲み物が楽しめるラウンジカー(23日午後、大阪市淀川区)

車内で調理した料理が楽しめる食堂車(23日午後、大阪市淀川区)

車内で調理した料理が楽しめる食堂車(23日午後、大阪市淀川区)

ガラス張りで開放的な展望車(23日午後、大阪市淀川区)

ガラス張りで開放的な展望車(23日午後、大阪市淀川区)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報