2019年2月24日(日)

大阪の中小企業、夏ボーナスの支給微減 信金調査

2017/6/22 22:49
保存
共有
印刷
その他

大阪シティ信用金庫が22日まとめた大阪府内の中小企業の夏のボーナス調査によると、59.9%がボーナスを「支給する」と回答した。前年比1.7ポイント低下し、2年続けて前年実績を下回った。ただ支給すると回答した企業の1人当たりの平均支給額は26万756円と前年より2084円多く、6年連続で増加。同金庫は「二極化が進んでいる」としている。

6月上旬に大阪府内の取引先企業を対象に調査、1024社が答えた。

従業員の規模別では20人未満の企業が54.7%と昨夏比2.1ポイント低下。一方、50人以上では91.6%で同9.0ポイント上昇するなど企業規模が小さいほど厳しい。業種別では卸売業や運輸業の支給割合の低下が目立つ。

一方、支給額はすべての規模と業種で増えた。ただ、支給する企業のうち、24.1%は人員の確保などで業績と比べて「無理をした支給」と答えた。特に製造業では26.5%を占めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報