高木証券、東海東京の完全子会社に 顧客高齢化 関西で再編加速

2017/2/21 6:00
保存
共有
印刷
その他

高木証券が2017年4月以降、東海東京フィナンシャル・ホールディングスの完全子会社となる見通しだ。中堅証券は顧客の個人投資家が高齢化する一方、若い投資家を手数料が安いインターネット証券に取り込まれている。東海東京は16年秋にエース証券(大阪市)をグループ化、大阪地場の内藤証券は今月末に日の出証券(大阪市)を買収する。関西の金融再編は証券業界でも進む。

高木は18年に設立100周年を迎える老舗だが…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]