/

この記事は会員限定です

関西の金融機関、中小・ベンチャーの知財活用を支援

[有料会員限定]

関西の金融機関が、中小・ベンチャー企業による知的財産の活用を支援する取り組みに力を入れている。特許法律事務所と組んで特許申請や知財戦略の立案を助けたり、大企業の開放特許を紹介したりして新規事業や技術開発を後押しする。知財を切り口に企業の成長性を評価し、融資やビジネスマッチングに生かす動きも広がる。

近畿経済産業局は、大企業の開放特許を中小の製品開発に生かす独自の「知財ビジネスマッチング事業」を進め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン