/

池田泉州銀、妊活・子育て支援で大阪府箕面市と連携 ローン金利を割引き

池田泉州銀行は19日、大阪府箕面市と連携して不妊治療や育児関連を対象にしたローンの金利を引き下げる取り組みを始めると発表した。箕面市民に限り、金利を店頭表示から年0.2%割り引く。市の助成制度を使えば実質、無利子となる。妊活の支援などで自治体と組むのは大阪府池田市に次ぎ2例目だ。

箕面市とは2011年に産業の振興に力点を置く連携協定を結んでいる。個人向けのローンで連携するのは初めて。これまでに市内の店舗内に授乳やおむつ替えができるスペースを共同で設けるなど、子育て支援で連携を進めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません