外国人による家事代行始動 ダスキン、人材確保の切り札

2017/4/17 15:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

家事代行業最大手のダスキンが、国家戦略特区で解禁された外国人による家事代行サービスの提供へ本格的に動き始めた。17日、25~38歳のフィリピン人女性8人が初出社した。慢性的な人手不足状態にある家事代行事業にとって、外国人の人材活用は市場での成長にとって大きなテーマ。ダスキンは今回の採用を事業拡大の足がかりにする方針だ。

緊張した面持ちで顔を合わせた8人は、配属拠点の責任者などからあいさつを受けた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]