/

この記事は会員限定です

関西の地銀、農林漁業ファンド設立相次ぐ 6次産業化を支援

[有料会員限定]

関西の地方銀行が農林漁業者を支援するファンドを相次いで設立する。滋賀銀行と南都銀行は今月末に、地元の地域が農業特区に指定された但馬銀行はみずほ銀行と組んで年内にも設ける。大阪府を除く1府4県でファンドが誕生する。企業向け融資が伸び悩むなか、農林漁業者が加工や流通まで担う「6次産業化」を後押しし、新たな資金需要を掘り起こす。

但馬銀はみずほ銀と「但馬・養父6次産業化支援ファンド投資事業有限責任組合(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン