/

iPhone向け「スーパーマリオ」、12月15日配信

任天堂

任天堂が12月に配信を予定するスマートフォン向けゲーム「スーパーマリオラン」(C)2016 Nintendo

任天堂は15日、人気ゲーム「スーパーマリオ」の新作「スーパーマリオラン」を12月15日から米アップルのスマートフォン(スマホ)iPhoneや多機能情報端末iPad向けに151の国と地域で順次配信すると発表した。マリオランはマリオシリーズとしては初のスマホ向け。料金は米国が9.99ドル、ユーロ圏は9.99ユーロ、日本では1200円の予定。一部無料で遊べる。

日本語に加え英語、中国語、フランス語、スペイン語などに対応する。マリオランは配信開始の案内を希望すると登録している人が、すでに世界で2000万人を突破しており高い注目を集めている。アップルのアプリ配信サービス「アップストア」でソフトをダウンロードできる。任天堂は米グーグルのスマホ基本ソフト「アンドロイド」向けにも開発している。

世界中でメガヒットとなったスマホ向けゲーム「ポケモンGO」は任天堂の2016年4~9月期の利益を約100億円押し上げた。ポケモンGOは米ベンチャー企業と任天堂の関連会社の共同開発だが、マリオランは任天堂が自社で開発しているため業績に直接貢献する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン