/

この記事は会員限定です

近畿財務局長、金融「新事業モデル必要」 中小の成功事例共有

[有料会員限定]

近畿財務局の美並義人局長は15日、関西の金融機関について人口減少や超低金利が続き「現状のビジネスモデルでは将来が心配。新しいモデルが必要」と述べた。関西は全国と比べ中小企業が占める割合が高いことを指摘。活性化に向けて「ベストプラクティス(優れた事例)を共有する」方針を明らかにした。

日本経済新聞社の取材に応じた。関西では大手銀行や地銀、信用金庫など金融機関が多く「オーバーバンキング」といわれている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン