/

任天堂の君島新社長「岩田氏の戦略、変更ない」

任天堂は14日、大阪市内で記者会見を開き、君島達己常務が16日付で社長に昇格する人事を発表した。君島氏は「(7月11日で死去した)岩田前社長の基本方針や戦略に変更はない」と述べ、岩田路線を継承する考えを明らかにした。

君島氏は旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)出身で、任天堂に入社後はマーケティングや経営管理に携わってきた。会見でゲームのハード、ソフトの開発部門をそれぞれ指揮する竹田玄洋専務、宮本茂専務とともに「次世代の集団指導体制の確立をめざしたい」と語った。

君島氏は新体制について「新しいプロジェクトや人材育成が課題になる」と指摘。2015年3月期に黒字転換した業績については引き続き改善努力を進め「任天堂らしい収益をめざしていく」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン