/

この記事は会員限定です

生野金属、レーザー印字できる缶 ラベル貼り付け不要

[有料会員限定]

食品用容器を手がける生野金属(大阪府高石市)はラベルの貼り付けがいらない、食用油などを入れる業務用の缶を開発した。食品メーカー向けに2018年4月にも発売する。表面に特殊な塗料が塗ってあり、レーザーを照射して必要な情報を書き入れる。ラベルを貼り付ける作業は1つの容器につき20秒ほどかかっていたが、半分以下に短縮できるという。

「ラベレス」は飲食店向けの業務用食材に使う18リットル入りの缶で、油など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン