食博、累計500万人の入場者見込む

2017/4/13 6:00
保存
共有
印刷
その他

食博覧会実行委員会(会長=本荘武宏・大阪ガス社長)と大阪外食産業協会(藤尾政弘会長)は12日、28日から開催する「'17食博覧会・大阪(食博)」の詳細を発表した。全国の自治体や外食店が自慢の味を提供するほか、日本各地の祭りが会場を盛り上げる。食博は1985年以来、4年ごとに開いており、今回で累計500万人の入場者を見込む。

本荘会長は「世界から注目される和食文化をダイナミックに表現したい」と意気込みを語った。

各地の地酒や漬物などが並ぶ「日本の味くらべ館」や、宝塚卒業生や学生の歌劇団体などが舞台に上がる「UTAGE館」など、会場は大きく6つのエリアで構成。大阪ガスやキリンビールなどが食の未来やトレンドを紹介するコーナーもある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]