/

この記事は会員限定です

USJのマリオ新施設、ビギナー取り込む本丸に 任天堂

[有料会員限定]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市、USJ)は8日午前、2020年夏をめどに開業する新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の着工式を開いた。USJとしては史上最高となる600億円強を投じ、まず20年夏までに人気ゲーム「マリオカート」を模したアトラクションを設ける。キャラクターを提供する任天堂にとっては今後の事業拡大を左右する「IP(知的財産)戦略」の本丸となる。

「Here We Go(ヒア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン