USJのマリオ新施設、ビギナー取り込む本丸に 任天堂

2017/6/8 13:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市、USJ)は8日午前、2020年夏をめどに開業する新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の着工式を開いた。USJとしては史上最高となる600億円強を投じ、まず20年夏までに人気ゲーム「マリオカート」を模したアトラクションを設ける。キャラクターを提供する任天堂にとっては今後の事業拡大を左右する「IP(知的財産)戦略」の本丸となる。

「Here We G…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]